相模原からアクションを起こそう!

TOP

アクションレポート


シェアをして省エネ効果 発揮する

梅澤 梨菜さん
梅澤 梨菜さん

市内学生記者

大学4年生
角 広志郎さん

 水素ステーションは、エコカーの種類の一つである「燃料電池自動車」に水素を供給する施設です。水素から電気を発電して走る燃料電池自動車にとって、ガソリンスタンドのような存在です。

写真

水素を供給するノズルを持って

写真

取材に答えてくれた岩谷産業の岡田高典さん

 施設では車内のタンクと貯蔵タンクの気圧の差を利用して、約3分という短い時間で燃料を満タンにできます。また、安全第一を考え、施設の構造などさまざまな工夫がされています。

 燃料電池自動車は、水素と酸素から発電した電気を使って走るため、温室効果ガスであるCO2を出しません。代わりに無害な水が排出され、環境を守ることにつながっています。これからはクールチョイスの一つとして、「エコカーに乗る」という選択が増えていくことになると思います。

写真

補給のしくみを解説

写真

水素ステーションについて説明

 現在、水素ステーションは全国に150カ所以上あり、これからも増えていく予定です。燃料電池自動車などのエコカーを活用することで、CO2の排出を削減し、地球温暖化を防ぐことに大きく貢献することになりそうです。

DATA

なにか

水素ステーション外観

イワタニ水素ステーション相模原中央
相模原市中央区南橋本4-9-14